エアコンの試運転のやり方は?「真夏の修理で詰まない」ための“2つの手順”

本格的にエアコンの使用が始まる夏前に、試運転でエアコンの調子をチェックしておきましょう。簡単な2つの手順を紹介します
イメージ写真
Getty Images
イメージ写真

気温が徐々に高まってくる時期。本格的なエアコンの使用が始まる前に、「試運転」をするよう各メーカーが呼びかけています。

いざ使おうと思ったら、「あれ、動かない...!」という事態に陥らないよう、事前にエアコンを試運転して調子を確認することが大切です。

 

空調メーカー・ダイキン工業が紹介する手順はたったの2つ。

 

▼試運転の仕方

(1)冷房の最低温度で10分運転

 

(2)冷風が出るか、異常がないかを確認

※排水ホースから水が出ているかも確認 (部屋に湿度を感じないときは出にくいこともある)

 

夏を快適に過ごすためには、この試運転がとても大切です。

 

試運転に適した時期や気温は?

夏場はエアコンの修理が集中するので、本格的な夏が始まる前に正常に動くことを確認しましょう。

では、具体的にいつ頃が試運転に適しているのでしょうか?

ダイキン工業は、試運転に最適な気温について「23℃~25℃としています。この気温の日に、積極的にエアコンの調子を確認してみましょう。

一方で、20℃以下になると冷房運転が作動しなかったり、すぐに止まってしまったりするため、試運転には不向きといいます。 

気温が26℃以上になると、熱中症が心配される室内環境になってしまう可能性があるため、できる限り急いで実施するのが良さそうです。

ダイキン工業は、エアコンの試運転に関して20〜60代の1000人を対象に調査しました。その結果、試運転をしたことがある人は46.6%。ない人が53.4%となり、半数以上が試運転に馴染みがないことが分かりました。

2022年4月下旬には、シャープも次のようにツイートし、試運転を呼びかけていました。

「毎年これくらいの季節になると先に注意喚起をしているのですが、今年どころかずっと前からエアコンをお使いのご家庭へ、エアコンの試運転をしておかないと真夏の修理待ちで詰みます買い替えでも在庫なしで詰みます。買えても設置待ちで詰みます。あわせて実家のエアコンも試運転。冷房18度で10分。」

「真夏の修理待ち」で詰まないためにーー。

夏に向けて、エアコンの準備をしてみてはいかがでしょうか。