花火でのやけど事故に気をつけて。着火ともなう場合も…3歳以下の子どもには「持たせないで」

花火でやけど、被害者の半数以上は1~3歳児だった。肌の露出が多かったり、裾の広がったりした服装で花火をすることにも注意が必要だという。
イメージ画像
イメージ画像
Satoshi-K via Getty Images

夏の季節、手持ち花火を楽しむ機会も増えるだろう。

その中で気をつけたいのは「やけど」。子どもが花火で遊んでいる際にやけどを負う事故が複数件発生しており、独立行政法人「国民生活センター」は「3歳以下の子どもに花火を持たせることは避ける」よう呼びかけている。

着衣への着火を伴う事故も

同センターの医療機関ネットワークには、花火で遊んでいる際にやけどを負った事故の情報が2018年度から2022年度までの5年間で、60件寄せられたという。

事故に遭った被害者の半数以上は1~3歳児だった。

▽花火の火を掴(つか)もうとしてやけどした、▽靴に火の粉がうつり、燃えた、▽花火を振り回し、直後に風で火花がスカートに飛んで着火し、燃え上がったーーなどの事例がみられ、着衣への着火を伴っていた場合もあった。

これらの事故情報をもとに、同センターは花火による子どものやけどや、着衣に着火する危険性に関するテストを行い、Twitterなどに動画を掲載。

テストでは、以下のことがわかった。

  • 向かい風で花火を持った場合、肌の露出が多い服装や履物では、火花等によりやけどを負う危険性が高い。
  • 濡れた地面などに線香花火の火球が落ちると、爆(は)ぜて火花等が広がる危険性がある。
  • スカートの裾に燃えカスが乗ると、着火する可能性がある。
  • 温度が低いように見える燃えカスであっても、落下や消火後しばらくはやけどを負うほどの高温であるため、注意が必要。 

同センターでは保護者へのアドバイスとして、取扱説明書に従った上で、「3歳以下の子どもに花火を持たせることは避け、距離を置いて見せるなどして花火を楽しみましょう」と呼びかけている。

さらに、▽肌の露出が多かったり、裾の広がったりした服装で花火をさせる際には注意する、▽花火の風下には立たせず、風が強い場合はやめる、▽消火用の水を用意し、着衣に着火した場合の対処法を覚える、▽花火が消えたらすぐに水につけるーーことなどの対応を求めている。

注目記事