表現のこれから
2019年10月08日 14時07分 JST | 更新 2019年10月08日 14時17分 JST

河村たかし市長が座り込み、『表現の不自由展』の再開に抗議。

河村たかし市長が「表現の不自由展・その後」の再開に抗議するため、座り込み。

Kasane Nakamura/HuffPost Japan
「あいちトリエンナーレ2019」の会場前で座り込んで抗議をする河村たかし市長

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展『表現の不自由展・その後』が再開されることを受けて、愛知・名古屋市の河村たかし市長が10月8日、会場の愛知芸術文化センター前で座り込みをし、抗議の意を表明した。

 

 

 

河村たかし市長の主張は

Kaori Sawaki/HuffPost Japan
「あいちトリエンナーレ2019」の会場前で抗議をする河村たかし市長

 

河村氏は、「表現の不自由展」で展示されている昭和天皇をモチーフにした作品や平和の少女像に対して、「どう考えても日本人の心を踏みにじるものだ」などと発言。8月2日に同展の視察に訪れ、展示撤回を求めていた。

10月7日のハフポスト日本版のインタビューでも、「再開なんていかんね。決まっとるがね、こんなもん」「こんな日本人の普通の人の気持ちをハイジャックして。暴力ですよ」などと主張。大村知事には電話で改めて、再開しないよう求めていた。

「あいちトリエンナーレ2019」をめぐっては、文化庁が「愛知県側の手続きの不備」を理由に、採択を決めていた補助金全額(約7830万円)不交付を決定。同芸術祭実行委員会やアーティスト、関係者らが抗議を続けている。

Kasane Nakamura/HuffPost Japan
「あいちトリエンナーレ2019」の会場前で、抗議をする人たち