hyogennofujiyuten

不確定な曖昧さが生み出す揺らぎや余白を通じてこそ、新しい価値を作り出すことができるのではないでしょうか。
電凸と呼ばれる抗議活動や脅迫という方法で自分の気に入らない作品の提示をねじ伏せようとした人たちは、自由に物が言えなかった軍国主義の時代に戻りたいのだろうか。
参議院予算委員会では、立憲民主党の福山哲郎議員から「不交付の撤回をもう一度再検討するべきだとお話頂けませんか?」と求められたが...
ONE Championshipで戦う。「俺は権力とは“寝ない”姿勢を貫きたいですね。なんかね、俺らパンツ一枚で闘ってる」
『表現の不自由展・その後』がクローズアップされ続けましたが、もちろんそれだけではありません。10月14日の会期終了を前に、豊田市の会場をめぐりました。
「不快に感じる人もいる、とも思った。ただ、表現としては認められるべきもので、僕自身は見て良かったと思う」
「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の再開に抗議して10月8日、河村たかし名古屋市長が芸術祭の会場前で座り込みをしました。
展示室の前には警備員が3人並び、付近は物々しい雰囲気に包まれていた。
展示を見るためには、「当選スタンプ付リストバンド型抽選券」および「国際現代美術展チケット」が必要です。