アートとカルチャー
2021年05月14日 09時10分 JST

『タイタニック』主演2人の友情が素敵すぎる。ほっこりエピソード集【写真・動画】

ジャックとローズを演じた、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットという2人の大スター。「ハリウッドで最も強い」と言われる2人の深い友情に、胸を打たれます。

HAL GARB via Getty Images
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。1998年第55回ゴールデングローブにて

アメリカ映画を代表する、ジェームズ・キャメロン監督の名作『タイタニック』。数々の歴史的快挙を果たした本作は、主演のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットという大スターを生んだ作品でもあります。

ディカプリオとウィンスレットは当時20代前半。それから24年が経った今でも友人で、とても親しくしていることで知られています。

1997年公開当時から今に至るまで、2人のほっこりエピソードをご紹介します。

 

『タイタニック』で出会った2人

Jeff Kravitz via Getty Images
『タイタニック』当時、20代前半だったレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。1998年第55回ゴールデングローブ賞にて

2人の出会いは1997年の『タイタニック』から始まりました。映画は特大ヒットを記録し、プレミアや映画賞のレッドカーペットにディカプリオとウィンスレットは揃って登場し、報道陣から大きな注目を浴びました。

実はディカプリオ演じるジャックの最期のシーンは、今でも「論争」の的に。タイタニック号の沈没後、ジャックは、ウィンスレット演じるローズを船の瓦礫の上に乗せ、自分は海に浸かったまま最期には力尽きて海の中へと沈んでいきます。

CBS Photo Archive via Getty Images
『タイタニック』のワンシーン

この悲しいシーンは、実は「2人とも瓦礫に乗って助かることができたのではないか」と指摘されており、検証番組まで作られるほどでした。

このことは、2人の俳優仲間の間でもジョークの定番ネタになっています。

トム・ハーディは「(ローズが)本当にジャックを愛してるなら、少し動いてスペースを作ったはず」、ブラッド・ピットは「自分ならイカダ(瓦礫)をジャックにシェアしただろうね」と話し、2人とファンの笑いを誘いました。

 

11年ぶり再共演で夫婦役。授賞式で「心からあなたを愛してる」

Kevork Djansezian via Getty Images
夫婦役を演じたディカプリオとウィンスレット。2009年第66回ゴールデングローブ賞にて

2人が再共演したのは、『タイタニック』公開から11年後。2008年アメリカ公開の映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』で夫婦役を演じました。

ディカプリオとウィンスレットは、本作でともに著名な映画賞であるゴールデングローブ賞にノミネート。ウィンスレットは主演女優賞に輝きました。

発表の直後、ウィンスレットはディカプリオと抱擁を交わしてから登壇。受賞スピーチでは感無量の様子で、ディカプリオに愛と感謝の言葉を伝えました。

 

レオ、私はとても幸せ。私がこれまで、どれだけあなたを愛し続けてきたか、言葉では表せないくらい。この映画でのあなたの演技は素晴らしい。本当に、心からあなたを愛しています」

ディカプリオは目に涙を浮かべた様子でそのスピーチを見守っていました。ウィンスレットに向け、ささやかな投げキスも送りました。(※動画3分12秒あたり)

NBC via Getty Images
同じテーブルにつき楽しそうに話す2人。2009年第66回ゴールデングローブ賞にて

結婚式でエスコートの噂

2012年、夫のネッド・ロックンロールと結婚式をあげたウィンスレット。USウィークリーは、情報筋の話として、ウィンスレットのエスコート役を務めたのはディカプリオだったと伝えました。

結婚式は極秘で行われ、親しい友人や家族だけが招待されたといいます。新婦の父親が務めることの多いエスコート役をディカプリオが務めたことは、2人の友情の深さがうかがえるエピソードです。

NBC via Getty Images
結婚式の数カ月前、ウィンスレットはゴールデングローブ賞の女優賞に輝いた。ディカプリオと頬にキスし喜びを分かち合った

ディカプリオ悲願のオスカー。2人の熱い抱擁

『タイタニック』以降、着々と映画スターの階段を上っていったディカプリオ。しかし、アカデミー賞の主演男優賞に何度もノミネートされながらも、なかなか受賞することができなかったのは有名な話です。

Dan MacMedan via Getty Images
レッドカーペットで合流したディカプリオとウィンスレット。2016年第88回アカデミー賞にて

ついにそのトロフィーを掴むことができたのは2016年、『レヴェナント:蘇えりし者』で主演を務めた時でした。

授賞式の会場にはウィンスレットの姿もありました。

事前にBBCのインタビューに対し「レオは一番の親友だから、受賞の場に私がいないなんて考えられない」ともコメントしていたウィンスレット。ディカプリオの悲願のオスカー受賞で、彼女は目に涙を溜めながら、祈るようにそのスピーチに聞き入っていました。(※動画3分53秒あたり)

 

この日のレッドカーペットでは、ウィンスレットの撮影中にディカプリオが合流する一幕も。受賞後に2人が熱い抱擁を交わす姿も写真におさめられています。

Christopher Polk via Getty Images
ディカプリオのオスカー受賞を祝い、熱い抱擁を交わす2人
Christopher Polk via Getty Images
見つめ合う2人。映画のワンシーンのよう

2人は今でも名台詞を言い合って遊んでる?

ウィンスレットは2017年、雑誌『GLAMOUR』のインタビューに答え、ディカプリオとは、今でも会った時には『タイタニック』のセリフを言い合って遊んでいることを明かしました。

CBS Photo Archive via Getty Images
『タイタニック』のワンシーン

(レオと)何を話しているのかは具体的には言えないけれど、私たちはとにかく仲が良い。『タイタニック』のおかしな台詞を言い合っています。それは、私たちにしかできないことで、とても楽しいから

ウィンスレットは、ディカプリオのことを「とても、とても身近な存在」だと話しています。

 

2人が救おうとした、1人の女性の命

ディカプリオは、環境保護財団「レオナルド・ディカプリオ財団」を設立し、これまで多くの金額を寄付し、繰り返し環境問題などについて訴えてきました。

ウィンスレットは2017年に、ディカプリオに連絡して助けを求めました。それは、ウィンスレットが偶然知ったがんを患う若い母親の治療費を援助するために、一緒に何かできないかという申し出でした。

Anthony Ghnassia via Getty Images
環境保護のための財団を立ち上げたディカプリオ。ウィンスレットもチャリティー活動に参加した。2017年の財団のイベントにて

現地メディアPeopleによると、その申し出に対し、ディカプリオは「ジャックとローズの2人と食事する権利」をオークションにかけようと提案。売上の一部が女性への寄付にあてられることになりました。

女性は無事に治療を受けられることに。延命を果たしたといいますが、そのおよそ1年後、天国へと旅立ちました。ウィンスレットは彼女の葬儀に参列したと報じられました

2人の願いは無念の結果になってしまいましたが、その後もウィンスレットとディカプリオは様々なチャリティ活動に参加し、社会貢献や支援活動を続けています。

Anthony Ghnassia via Getty Images
今でも強い絆で結ばれているディカプリオとウィンスレット

ファンやメディアからは、「ハリウッドで最も強い」と言われている2人の絆。ディカプリオとウィンスレットは、20年以上にわたり第一線に立ち続け、アメリカ映画の歴史を築いてきました。2人にとって今でも『タイタニック』と互いの存在は、とても大事なもののようです。