ウクライナのヒーロー、爆発物探知犬「パトロン」が表彰される【動画】

ジャック・ラッセル・テリアの「パトロン」は、ウクライナ侵攻が始まって以来、約200個の爆発物を探知してきた。
ウクライナのゼレンスキー大統領とカナダのトルドゥー首相を訪問し、表彰された犬のパトロン(2022年5月8日・キーウ、ウクライナ)
ウクライナのゼレンスキー大統領とカナダのトルドゥー首相を訪問し、表彰された犬のパトロン(2022年5月8日・キーウ、ウクライナ)
Alexey Furman via Getty Images

ウクライナの爆発物探知犬、ジャック・ラッセル・テリアの「パトロン」が、5月8日に首都キーウ(キエフ)を訪れ、ゼレンスキー大統領とカナダのトルドー首相と面会した。

北東部の都市チェルニヒウで約200個の爆発物を探知したパトロンは、飼い主のミハイロ・イリエフ氏と共に、献身的な活動を表彰された。

爆発物探知犬のパトロン(2022年5月5日・ウクライナ)
爆発物探知犬のパトロン(2022年5月5日・ウクライナ)
Gleb Garanich via Reuters

パトロンが吠え始めると、トルドー首相は自分のポケットを撫でおやつを探ったが、何も見つからなかったようだ。

CNNによると、爆弾の探知と解除作業にはカナダの技術が活用されているという。

記者会見で寝てしまった姿も話題となったパトロン。ウクライナではInstagramでスターとなり、アメリカでも複数のメディア紹介され有名となった。

Instagramでは、「受賞おめでとう」「ヒーローだ!」「気をつけてね」などたくさんの温かい応援の言葉が寄せられた。

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集・加筆しました。

Popular in the Community