NEWS
2020年10月10日 10時10分 JST

【台風14号情報】予想進路は南へ 大雨や暴風の影響を受ける地域は?

今後、台風の強風域に入っているところを中心に、最大瞬間風速30m/s以上の突風が吹くおそれがあります。架線支障等での鉄道のダイヤ乱れや、局地的な停電などに警戒が必要です。

ウェザーニュース
台風14号

2020/10/10 06:54 ウェザーニュース

10月10日(土)6時現在、台風14号(チャンホン)は紀伊半島沖を東北東に進んでいます。

本州から離れた沖合を進むため東京や名古屋などの主要都市では影響は小さいものの、大雨や暴風の影響を受ける地域があるため詳細な情報を確認するようにしてください。

▼台風14号 10月10日(土)6時現在
 存在地域   潮岬の南約210km
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     東北東 15 km/h
 中心気圧   985 hPa
 最大風速   30 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 40 m/s
» 台風14号の最新情報

東京や名古屋など主要都市は影響小さい

台風14号は本州の南の海上を東進し、今夜には伊豆諸島付近に進む予想となっています。

本州から離れた所を通るため、荒れた天気に警戒が必要となるのは伊豆諸島や三重県南部など限られた地域のみとなる見込みです。東京や名古屋などの主要都市への影響は小さいと見られます。
» 台風ピンポイント影響予測

大雨となっている伊豆諸島ではさらなる雨に警戒

ウェザーニュース
雨と風の予想 今夜21時

台風や秋雨前線の影響で、既に広範囲で雨が降っています。台風は本州に直撃することはないものの、総雨量が多くなるところがある見通しです。

これから台風が通過する伊豆諸島では既に400mmを超える雨が降っているところがあります。明日11日(日)朝にかけてさらに雨量が増えるおそれがあるため、土砂災害などに警戒してください。

また、地形と風の影響を受ける三重県南部や和歌山県南部では今日10日(土)昼頃にかけて、沿岸前線と呼ばれる局地的な前線の影響を受ける千葉県外房では今日10日(土)午前を中心に、それぞれ強い雨が予想されるため十分注意してください。

太平洋沿岸は暴風にも警戒

台風に近い西日本の太平洋沿岸は風が強く、和歌山県の潮岬では30.1m/s、静岡県の石廊崎では26.5m/sの最大瞬間風速を観測しました。

今後、台風の強風域に入っているところを中心に、最大瞬間風速30m/s以上の突風が吹くおそれがあります。架線支障等での鉄道のダイヤ乱れや、局地的な停電などに警戒が必要です。

11日(日)は雨や風の峠を越える

ウェザーニュース
11日(日)の天気と気温

台風は11日(日)になると本州から離れる可能性が高く、各地の雨や風は峠を越えます。

東京など関東は10日(土)夜にかけて約3日半のあいだ雨が降り続くことになりますが、11日(日)の朝になるとようやく雨が止む見込みです。

西日本や東海は晴れて気温が上がり、少し暑く感じられるくらいになります。週末にかけて気温差も大きくなりますので体調管理に気をつけてください。
» GPS検索 10日先までの天気

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風14号の名前「チャンホン(Chan-hom)」はラオスが提案した名称で、木の名前が由来です。
» ウェザーニュース 台風情報

【関連記事】 

今日10日(土)の天気 台風14号東進、東日本などで強雨に注意
柿がおいしい季節 甘柿と渋柿の違いは?
週間天気予報 関東は来週も雲の多い空模様 北海道は初雪の可能性あり
傘マップ 10月10日(土) 傘が必要なエリア
10月10日(土)朝のウェザーニュース・お天気キャスター解説