BLOG
2016年03月22日 20時06分 JST | 更新 2017年03月23日 18時12分 JST

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』―映画は、経営は、リスクを取っているか? 宿輪純一のシネマ経済学(98)

(BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE /2016)

※原題はvsではなくvのみ

誰もが知っている正義のヒーロー:スーパーマンとバットマンが、なんと死力を尽くして戦ってしまうというという意外なアクション大作。一番の見所は、何といっても二人の死闘である。

クラーク・ケント/スーパーマンは『マン・オブ・スティール』に続きヘンリー・カヴィル、そして、ブルース・ウェイン/バットマンは『アルゴ』などのベン・アフレックが演じる。個人的に長年のファンのダイアン・レイン(筆者より2歳年下)も出演する。

 

スーパーマンが地球の危機を救ってきたため、世界の人々はスーパーマンを「英雄」と認めながらも、一方で、地球外から来た脅威(異星人)とし、地球から追放すべきという排除派の世論も強まっていく。しかも、スーパーマンはダークサイドに落ちていく・・・。

 

スーパーマンの前作『マン・オブ・スティール』では、スーパーマンと敵のゾッド将軍がニューヨークで激しい市街戦を繰り広げ、街が壊滅状態に。ブルース・ウェインは自分のビルが崩壊し、耐えられない被害を負うことになり、スーパーマンを敵対視するようになった。繰り返しになるが、その後の二人の激しすぎる対決がとにかく見どころである。さらに後半になると本当の敵が登場し、ワンダーウーマンも登場し・・・・これ以上はネタバレになるので書けない。

筆者は長年のアメリカンコミックのファンである。マーベルコミックは、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーなどをアベンジャーとして結集させている。これはライバルのDCコミックの主人公が結集したもの。実は、スーパーマンとバットマンが一緒に活躍するのはこれが初めてではない。52年のコミック(漫画)では一緒にやっていた。

このように昔の作品を映画化し、それもシリーズ化し、さらに結集させている。このような"リメイク・シリーズ・グループ化"の流れは映画、特にアメリカの映画界に一般化している。これは、映画の制作費の高騰がある。

今回のスーパーマンも、マン・オブ・スティール2億3千万ドルだったが、今回の作品はなんと4億1千万ドルにまで膨れ上がっている。映画作品の制作費は過去最高額である。最近の高騰は著しい。例えば、例えば76年のロッキーは110万ドル、SFでも77年のスターウォーズ1,100万ドルである。

映画制作とは、会社の経営のようなものである。このような高騰の中で失敗は許されない。そのために、リメイク・シリーズ・グループ化して、安定的な売上げを目指す。つまり、ホームランは狙わず、バットを短く打ってシングルヒットを狙っていくようなものである。そのため、アメリカ映画には"尖った"作品が少なくなってきているのである。

一方、"尖った"作品は、ケーブルテレビに多くなっている。それは全体で契約するために、2、3本、ホームランか三振かの"尖った"作品があっても内包できるのである。そして、たまに、大ホームランが出る。

経営も、ある程度、リスクを取らないと小さくまとまっていくことになる。本当は「リスクが取れるのが、大企業のいいところである」と筆者は教えてきたのだが、現実はそうはなっていないのが残念である。

実は、筆者は、初期のコミックにおけるスーパーマンの方が好きである。そのころのスーパーマンは、ギャングに脅される真面目な市民や、夫が暴力を振るう奥さんを助けていた。なにか、江戸時代の遠山の金さんのようなイメージであった。

【著者の新刊案内】

決済インフラ入門』(東洋経済新報社/税込み1944円)

変わりゆく"決済"を知るための実務者必読の書。どの本よりも易しく"決済の全体像"が理解できる一冊。アマソン銀行・金融業、そして金融・ファイナンス1位獲得。

【宿輪ゼミのご案内】

博士(経済学)・帝京大学経済学部経済学科教授・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・映画評論家の宿輪先生が2006年4月から行っているボランティア公開講義。その始まりは東京大学大学院の学生達がもっと講義を聞きたいとして始めたもの。どなたでも参加でき、分かり易い、経済学博士の講義は好評。「日本経済新聞」や「アエラ」の記事にも。この今年4月でなんと10周年、開催は200回を、会員は1万人を超え、日本一の私塾とも。言われています。次回第203回の宿輪ゼミは4月6日(水)開催で"10周年記念ゼミ"。Facebook経由の活動が中心となっており、以下からご参加下さい。

https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/