BLOG
2018年01月07日 15時23分 JST | 更新 2018年01月07日 15時23分 JST

この冬で一番の寒波が襲来、センター試験は厳しい寒さに。

全国的に最高気温が10度に届かない日が続くでしょう。

tenki.jp

8日(月)から9日(火)にかけては寒さが緩みますが、10日(水)以降は一転。日本列島の上空には、この冬一番強い寒気が流れ込み、都心の最高気温も右肩下がり。週末のセンター試験の頃は厳しい寒さとなりそうです。

強烈寒波襲来、この冬一番強い

8日(月・成人の日)から9日(火)にかけて、南から暖かく湿った空気が流れ込み、全国的に寒さが緩みそうです。8日(月)の予想最高気温は大阪で15度、高知で16度、鹿児島で17度など、西日本や東海は16度前後まで上がる見込みです。また9日(火)は関東から北でも気温が上がり、東京都心は15度の予想。北海道も、札幌で3度、釧路で6度と、最高気温が氷点下の「真冬日」にはならない見込みです。

ところが、その後は一転して、上空に強い寒気が流れ込む見込みです。各地でこの冬最も強い寒気が、週末にかけて長く日本列島に居座ります。このため全国的に最高気温が10度に届かない日が続くでしょう。北海道や東北北部では「真冬日」になる所もありそうです。13日(土)と14日(日)は「大学入試センター試験」が予定されていますが、この頃まで厳しい寒さが続く見込み。受験生の皆さんは、寒さで体調を崩さないようお気を付け下さい。また試験当日は、受験票とともに寒さ対策もお忘れなく。

tenki.jp

日本海側は雪、北陸から北は荒天

8日(月・成人の日)から9日(火)にかけて、急速に発達しながら日本海を進む低気圧の影響を受けるでしょう。9日(火)は日本海側は広く雪が降り、北海道や東北、北陸では大荒れの天気となる見込みです。西日本の日本海側や山間部でも雪が降り、大雪となる恐れがあります。猛ふぶきや吹きだまりによる視程障害、大雪による交通障害に、十分な警戒が必要です。季節風が全国的に強く吹いて、太平洋側にも雪雲が流れ込み、平地でも積雪となる所があるでしょう。晴れて気温が高めになる地域でも、北風が冷たく感じられそうです。

10日(水)から13日(土)にかけても冬型の気圧配置が続く見込みです。荒天のピークは過ぎますが、日本海側では雪の降る日が続き、積雪がさらに増えそうです。なだれや屋根からの落雪、交通障害などに引き続き注意してください。

(2018年1月6日 18時46分)

【関連リンク】

福嶋真理子

[日本気象協会本社] 気象予報士 防災士 栃木県防災会議委員 熱中症予防指導員

栃木県宇都宮市出身。

CRT栃木放送(AMラジオ)に、アナウンサーとして16年勤務。朝の情報番組から、昼のバラエティ、夕方の報道、夜の音楽番組まで幅広く担当し、中継レポーターや選挙報道まで携わりました。

ラジオは、災害報道をいち早く担う使命があり、栃木放送に在職中は、実際に災害現場に何度も出向きました。

その様な中で、栃木県の防災力をもっと高めるために、専門的な知識を習得したいと考えたのが、気象予報士と防災士を取得するきっかけでした。

現在は、日本気象協会で予報士としてお仕事をする傍ら、フリーアナウンサーとして、とちぎテレビの報道番組などを担当しています。

趣味は音楽。社会人吹奏楽団に所属し、トロンボーンを担当しています。トロンボーン歴は小学校4年にスタート。一応音大出身です。

その他、飛行機と鉄道(乗ったり撮ったり)、フィギュアスケート(鑑賞専門)、野球(観戦専門)。そして栃木県の美味しい地酒を、全国に広める活動です。

「空を見上げる楽しみ」と「自然を正しく恐れる意識」を、様々な形でお伝えして参ります。