BLOG
2015年11月25日 00時35分 JST | 更新 2016年11月23日 19時12分 JST

「ゲイとかレズとか怖い」というあなた。一言よろしいですか?

男女差別・人種差別が許されない中で、もちろんLGBTへの差別も許されてはいけない。人を傷つけないために、人としてセンシティブにならなければいけないことがある。

「ゲイとかレズとかこわい」って言う人。


あーんたのほうがこわいわよ!

カミングアウトしたら今までとは違う態度をとられるのではないか、ひいた反応をされるのではないか、と心配しているクローゼットなLGBTがいる中でうかつにホモフォビック・トランスフォビック(嫌悪的)な発言をしてしまえば、LGBTの彼ら彼女らを傷つけることになるわよ。

どういった発言が配慮に欠けるかというと、

  • 「何で友達なのに手を繋ぐの?レズじゃないんだから」(女同士で手を繋いで何が悪いのよ?)
  • 「この写真の俺たちゲイみたい」(本当のゲイに写真の撮り方、教わってきたら?盛れてないわよ。)
  • 「ホモってこわくない?俺襲われたらどうしよう」(あんたみたいなイケてない人は、女にもゲイにも狙われないから大丈夫よ。)

などがあるわね(心の声も漏れてしまいました)。実際に私自身耳にすること、文面でも目にすることがある。

こういった言葉は、カミングアウトから当事者を遠ざけるどころか、時に「自分は受け入れられないんじゃないか」という不安に繋がると思うのよ。

LGBTはすぐ近くにいる

カミングアウトしていないLGBTのことをクローゼットと言います。クローゼットなLGBTはとても近くにいるのだけど、カミングアウトしていないから近くにいることに気づきにくいのよ。カミングアウトしているLGBTたちが声をあげやすい中で、"見えないから"、"自分から言わないから"といってクローゼットなLGBTが居心地悪くなってしまうのは望むべき社会の姿ではないと思うわ。

カミングアウトしないのはなんでかって?

  • 自分のセクシュアリティをはっきり決めたくないから
  • 受け入れてくれそうな人がいないから
  • 打ち明けなくても支障がないから

カミングアウトしない理由は様々、状況によりけり。無理にカミングアウトすればいいものではないの。それに、友達・家族・仕事仲間にカミングアウトをしているオープンリーLGBTであったとしても、自分のセクシュアリティをまだ教えていない人は少なからずいるはず。例えば、取引先の人とか、こないだの飲み会で友達が連れてきた友達の友達とか。勝手に誰かに「あの人ゲイなんだって」とか言ってはいけないのよ。その人なりに言えない理由があるかもしれないのだから。あなたも、自分の秘密を他人に勝手にバラされたら、嫌でしょ?

LGBTはあなたの反応を見ている

LGBTたちがカミングアウトするのかしないのか、できるのかできないのかって、周りのストレートの態度次第なんじゃないかしらって、私は思うわ。

カミングアウトどうやってしました?ってLGBTの人に聞いてみると、カミングアウト前に相手の反応を見ているLGBTが多いなという印象を受けるわ。

例えば、

  • 「職場の同僚に『アメリカでは同性婚が合法なんだってー』って話題振ってみて反応を見てからカミングアウトした。この話題だけで嫌そうな顔したら言えない」
  • 「普段はレディース服着てるけど、一度メンズのシャツとか着て会って、何も気にしなかったり、『それいいじゃん』とか言ってくれればカミングアウトもちょっと大丈夫そうな気がする」

とかね。

最近話題になったLGBTニュース、もしくは自分のセクシュアリティに関係のある話を入れてみて相手の表情や言葉でカミングアウトして聞いてくれそうかどうか反応を見てみるわけ。そう、ストレートは、知らず知らずのうちの言動でLGBTの不安を駆り立ててしまうこともできてしまうけど、LGBTが飾らずにいられる空間を作ることも、ストレートの人だからこそできることなのよ。

えっ?なに?気を遣わなきゃいけないことが多すぎるって?

ほう。

今まで気づかぬ間に、自分の発言が周りの人を傷つけてきたかって考えただけで怖いと思わない?それにきっと私たちストレートだって、相手のなにげない一言に嫌な思いをしたことがあるはずよ。

例えば、私の場合。

  • 長きに渡って大好きだった人から「お前の友達のAちゃん可愛いから紹介して」って言われたこと。(そうね、ブスな恋愛が多いのよ私。)
  • 知らない人から「当事者じゃないのになんでLGBTを応援するの?」と言われたこと。(そうね、でも何にしたって当事者だけで世の中回っているわけじゃないのよ。)

相手の何気ない一言に傷つくのは、誰だって嫌なのよ。そこにセクシュアリティは関係ない。

女性差別だけじゃない、LGBT差別だってある

今の社会には、今もいろんな差別があるわ。

  • 女性に対して「結婚したらどう?」
  • 男性に対して「男のくせに未練たらしい」
  • アフリカ系の人に対して「あの人とても綺麗ね、肌が黒いわりには」
  • アジア系の人に対して「ペンギンみたい」

などなどね。男女差別・人種差別が許されない中で、なぜLGBT差別に対しては誰も何も言わないの?不思議よ。案外身近に差別発言がある中で、気を遣うというより、気にすべき事項なんじゃないかしら。

それは、「アメリカだったらLGBT差別発言も許されないよ」とか「オリンピックに向けて日本ももっとダイバーシティを認めた都市にならなきゃいけないからね」とかではなくて、他人を傷つけないために、人としてセンシティブにならなければいけないことだと思うのだけど。

>>ストレートの私が、ストレートにありがちなLGBTへの勘違いを申し上げます。