kaminguauto

いつかは、両親にもカミングアウトしたいと思っていましたが、当時は想像すらできない先の未来のことでした。
高齢の母は、アロマンティック・アセクシュアルの私をきっと理解することはできない。それでも、女性は「今の距離感が続くなら、それで十分」と考えている。
LGBTQ当事者を含む、多くの人を勇気づけるカミングアウト。NFLのカール・ナッシブ選手と共に賛辞を送られました。
5月17日は、グローバルで「IDAHOBIT」(アイダホ)の日。LGBTQに対する嫌悪(フォビア)や差別をなくし、認知や理解を広げることを目的とした記念日です。
都道府県で初めて、性的指向や性自認のアウティングを禁止する条例が成立しました🙌三重県議会で、全会一致で可決。
カミングアウトは必須ではなく、本人が決めることだ。ただ、差別や偏見が根強い社会においては、自分の性のあり方について伝えたくても伝えることを躊躇してしまうことも少なくない。
ゲイだと伝えた後の「タブー期」を経て、恋人のことをオープンに話せるまでの道のり。
理解しているようで分かっていない「LGBT」に関する知識。人事担当者が知ることをやめないために考えたいこと。
鈴木知事は「当事者を傷つけるだけでなく、家族関係や就労環境を不安定なものにしたり、友人との人間関係を分断し、孤立に追い込んだりしかねない」と述べた。
「ふつう」に対応されることの嬉しさを感じつつ、「引っかかりポイント」もいくつかあったので、この経験を備忘録として残したいと思います。