BLOG
2017年12月25日 17時37分 JST | 更新 2017年12月25日 18時49分 JST

世界に誇れる“BOSAI”を 「World Bosai Forum」仙台で開催

「若者」らしい防災との関わり方は?

11月26日から28日、「世界防災フォーラム/防災ダボス会議」(World Bosai Forum /IDRC 2017)が仙台国際センターで開かれ、40以上の国と地域から、政府機関やNGO、研究機関、企業などの関係者約1000人が参加しました。

時事通信社

開会式では、陸前高田市気仙町出身で仙台市在住の大学生がスピーチ。

Nanami Sasayama

高校1年生の時に被災し肉親や友人、自宅も流失した彼女は、「記憶を語り継ぐことが、防災、減災につながる」と訴えました。

震災時に海外から受けた支援への答礼と復興状況の報告を兼ね、広く一般市民に開かれた今回のフォーラム。私も防災ユースとして、ボランティアに参加してきました。

同じくボランティアとして会議に参加した都内の大学1年生は、「ずっと東京に住んでいて防災にはあまり関心がなかったが、リアルな東北を肌で感じることが出来て良かった」と話してくれました。

また同会場で開かれた「ぼうさいこくたい」では、企業やNGOによる防災に役立つ最新グッズや設備の展示に加えて、学生らによる防災教育活動の成果発表なども行われていました。

Nanami Sasayama

学生防災士の活動成果発表をした東北福祉大の学生は、「僕は小学6年生の時に被災した。現在は大学の同期たちと、子どもたちに向けて防災教育活動をボランティアで行っている。これからの防災を担っていく子どもたちにとって、僕らの声は、大人よりも届きやすい」と語ってくれました。

若者の感性を生かし、主体側に引き込むことが課題だと感じました。

Nanami Sasayama

フォーラムはスイスのダボス会議と連携し、2018年以降も仙台とスイス・ダボス市で毎年交互に開く予定です。


関連記事 被災地出身、でも被災者じゃない。「中間被災者」として考えたこと