BLOG
2015年12月10日 01時45分 JST | 更新 2016年12月08日 19時12分 JST

発達障害治療に新たな光

MECP2レベルの遺伝的修正により、マウスの行動異常、分子レベルの異常、生理的異常が大きく改善されることが報告された。

MECP2重複症候群は、MECP2遺伝子の重複によりMeCP2タンパク質レベルが上昇することで引き起こされる小児疾患である。今回H Zoghbiたちは、MECP2レベルの遺伝的修正により、トランスジェニックマウスモデルの行動異常、分子レベルの異常、生理的異常が大きく改善されることを報告している。治療への応用により大きな可能性を持つアンチセンスオリゴヌクレオチド(ASO)戦略を用いてMECP2レベルを低下させた場合も、成体のトランスジェニックマウスで同様の表現型の救済が起こり、MECP2重複の見られる患者由来の細胞では投与量依存的にMECP2レベルが修正された。これらの知見は、コピー数変動に起因する疾患の中には、症状が現れた後でも回復可能なものがあることを示唆している。

Nature528, 7580

2015年12月3日

原著論文:

Reversal of phenotypes in MECP2 duplication mice using genetic rescue or antisense oligonucleotides

doi:10.1038/nature16159

【関連記事】

味覚を解析 Nature527, 7579 2015年11月26日

温度リズムが体内時計を調整する Nature527, 7579 2015年11月26日

不安と恐怖の調節機構 Nature527, 7577 2015年11月12日

双極性障害に対するリチウムの有効性を調べるためのiPS細胞モデル Nature527, 7576 2015年11月5日

ショウジョウバエ嗅覚系での神経符号化 Nature526, 7572 2015年10月8日

Also on HuffPost:

Photo gallery コンゴ川で働く障害者たち(SYNODOS) See Gallery