3dpurinto

商品化を熱望する声が続出している。「コーンではないので食べられませんが、繰り返し使えます」と製作者。
Made In Space(メイドインスペース)社は、宇宙と同じ環境で3D製造できることを既に示している。
研究チームは、昆虫の中で起きる現象をできるかぎり精密に研究しようとし、そのために虫の目に3Dメガネを装着した
今度あなたが箱入りの果物を買ったりもらったりしたら、その中にはそっくりさんがひとつ入っているかもしれない。
金属とプラスチックでできた人工心臓とは、動きが違う。
ハーバード大学が作ったこのOctabotは、硬い部品を使っていないだけでなく、初めての完全自律型だ。
3Dプリンティングによる、人工装具の設計、制作の民主化によって、世界で何百万人もの人々が、新たに普及しつつある製造テクノロジーの恩恵を受けることができる
2017年に、3Dプリントを開始する予定。
豪シドニーのプリンス・オブ・ウェールズ病院が、コルドーマ(脊索腫)患者への3Dプリント脊椎骨移植手術に成功したと発表しました。
アイオワ州立大学ロイド家畜医療センターの メアリー・サラ・バーグ 博士が、3Dプリント技術を使った猫用義足を開発しました。
未熟児用のとても小さなコネクタや、特殊な形のブレースが必要なときはどうするか? 3Dプリントの出番だ。
3Dプリントという21世紀の新技術のおかげで、助かるワンちゃんが増えている。
犬用の車いすはいろいろあるけど、どれも不格好で使いづらい。それらの小さな車いすは、布製のベルトなどで障害犬をくくりつけるが、高いし、格好悪いものが多い。
3Dプリンターの普及のおかげで毎日、大勢の人々の生活の質が大きく向上している。フェイスという7歳の少女はフラミンゴのようなきれいな色のロボット義手を手に入れた。
Diego Corredorはギターを弾きたかったが、生まれつき右手がなかった。
誕生日にほしいものが、決まった。独自に工夫した3Dプリント技術により、Andrey Rudenko は自分の家の裏庭にお城をプリントした。構想から完成まで、2年を要した。そして、その結果がすばらしい:画像よりおもしろいのは、彼のWebサイトにあるビデオクリップだ。それは、‘建設’の過程を見せてくれる:
3Dプリントがあれば、どんなキュートな動物でも救える。たとえば、かわいいチワワのタボルーちゃん(TurboRoo)は、生まれつき前足がなかったが、Makerbotと3dynの3Dデザイナーのおかげで、車輪付きの新しいリードを着けてもらった。車いすならぬ、車リードだ。
3Dプリンターで製造された殺傷能力のある拳銃を所持したとして、神奈川県警は5月8日、銃刀法違反容疑で川崎市高津区に住む27歳の大学職員、居村佳知容疑者を逮捕した。3Dプリンターで作られた銃に銃刀法を適用するのは全国で初めて。