adanshusho

アーダーン氏はショーで、現代的な結婚をするのかという質問の中で「伝統的な花嫁介添人ではなく、結婚式に『花婿』介添人を迎えるのか」と聞かれ、「ブライダルパーティーを開くには少し年を取りすぎているように感じます」と答えたという。
女性蔑視の発言をしたとみられる同僚を一喝したスピーチ、女の子たちに希望を与えるメッセージ...見えない壁を打ち破ろうと奮闘する、海外の政治家たちの発言や出来事を振り返ります。
原爆投下から75年を迎えた広島原爆の日。アーダーン首相が動画メッセージを投稿しました。
海外は行けないけれど、「自分の裏庭を探検してみませんか?」と、呼びかけています
分断が深刻化する社会で、私たちが彼女から学ぶべきものは何だろうか。
会合には首相のパートナー、クラーク・ゲイフォードさんも同伴した。