aisu-baketsu-charenji

「地球上からこの病気を撲滅させるという、我々の最終的な目標にまた一足近づいています」
Jリーグチーム「FC岐阜」の恩田社長へのインタビューを通じて、ALSの実態と、ALSを患いながら一方で、夢に向かってチャレンジを続ける恩田聖敬さんの姿を伝えたい
先日、スマートニュースが事業戦略発表会を開催しました。そのなかで「SmartNewsと米国メディア責任者が語る最新メディア動向とジャーナリズム」というセッションがありましたので紹介します。
多様性を加速する装置としての贈与と交換によって、たった4日間の日本での「アイス・バケツ・チャレンジ」において、私たちはいろんな視点、視座を創発しながら学ぶことができたのです。
筋委縮性側策硬化症(ALS)の認知を高めるためのチャリティキャンペーン「アイス・バケツ・チャレンジ」が世界に広がるなか、その波はイスラエルと戦闘状態にあるガザにも届いている。
テレビドラマ『シャーロック』や映画『スタートレック イントゥ・ダークネス』に出演しているイギリスの人気俳優、ベネディクト・カンバーバッチさんも氷水をかぶった。
ALS患者支援のための「アイス・バケット・チャレンジ」が広がりを見せている。ALSとは筋萎縮性側索硬化症という難病。この難病についての理解を広げ、寄付を集めようと始まったのがアイス・バケット・チャレンジ。先にチャレンジした人から指名を受けたら、24時間以内に、100ドルALS協会に寄付をするか、氷水を頭からかぶるか、あるいはその両方を行わなければならない。
大笑いするようなものもあればシリアスなものまで、アイス・バケツ・チャレンジの動画は山ほどあるから、アンソニー・カルバハルという名の男性が8月18日にアップロードしたこの動画は飛ばしたくなるかもしれない。
サムスン電子が、自社のスマホ「Galaxy S5」に氷水をかけ、次にiPhone 5sを指名する動画をYouTubeで公開し、議論を呼んでいる。
アイスバケツチャレンジがsnsで広がりを見せています。私もよくはしらなかったALSを知らしめ、かつ寄付を集めたという点ではとてもよい効果があったのではないかと思いますが、一部では批判も集まっています。広島で土砂崩れで50名を越える方が無くなる痛ましい大きな災害が起きました。行方不明者の方もいらっしゃる中で、必死の救出、復旧作業が続いています。広島がこういった状況の中において、少しお祭り的にバケツチャレンジを続けるのはいかがなものか、自粛すべきだという批判がありました。