andi-wohoru

名古屋市の伏見駅地下街で、400万部を超えるベストセラー「バカの壁」で作った「バカの壁の壁」が建築されている。この壁を作っているのは、人文系やカルチャー系の個性派古書店として知られるビブリオマニア。2013年から「バカの壁」を集め始め、現在は600冊を突破している。なぜ、「バカの壁の壁」は増築を続けるのか? 店主の鈴村純さんに聞いた。
アートとガラクタは紙一重?
南青山にオフィスを構えるFACTORY SAGAは佐賀県のPR拠点だ。彼らが打ち出す地方PRは実に独特である。ここでは何が生まれているのだろうか?
PRESENTED BY 佐賀県
2014年は美術界で何作もの作品の持ち主が変わった。ニュースの見出しを飾った大半の作品が、例によってウォーホル、ベーコン、トゥオンブリーといった、白人で漫画キャラクターのような名前を持った作家による現代美術だった。
約30年前のフロッピーディスクから、米芸術家アンディ・ウォーホルによるデジタル画像10点以上を取り出すことに成功したと、米カーネギーメロン大学が24日発表した。
「将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう」20世紀後半、アメリカのポップ・アートの旗手として活躍したアンディ・ウォーホル(1928-1987)の言葉である。その言葉通り、ウォーホルは拡大するアメリカの消費社会と大衆文化を背景に、さまざまな表現手法を駆使した作品で美術界に大きな衝撃を与えた。