arutsuhaima

「アデュカヌマブ」は、軽度認知障害という「早期」に投与を始められ、認知機能低下を長期的に抑えることが期待されている。
認められれば、アルツハイマー病の進行を長期間抑える世界初の薬として実用化される。一方、効果がはっきりしないとの指摘や治療費が高額になる懸念も。
過去50年以上にわたる研究にもかかわらず、ニューロンでの遺伝子組換えは実証されていなかった。
湘南地区を「認知症になっても安心して豊かに暮らし続けることができる街」のロールモデルに。
細胞を移植しても効果がないとされてきた慢性期でも、回復の可能性を示している。
たとえあなたのことを忘れても、一緒にいるのはすごく大切
VR体験であれば、認知症の方が感じる世界を体験することが出来る。
多くの国が人口高齢化の課題に直面しているが、中国にとって最大の違いは、「先進国になる前に高齢化社会に入ってしまう」ことである。
実は近年、アルツハイマー病治療薬の開発は「連戦連敗」を続けています。
アミロイドβペプチドのレベルを減少させることができた。