aushuvittsu

「Arbeit Macht Frei(働けば自由になる)」と書かれたゲート前で敬礼をした観光客が、拘束されました
最初「口コミはガイドラインに沿って投稿された」として削除しない方針を伝えていましたが、方針を撤回しました
ドイツ・ナチスのアウシュヴィッツ収容所跡地で、全裸の男女11人が羊を殺す騒動がありました。
どうしても気になることがある。なぜ「加害者としての歴史」の継承の努力は極めて少ないように見えるのか。
イタリアの写真家であり映画監督であるルカ・フェラーリ氏が、ミラノ中央駅の21番プラットフォームから、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所までの電車の旅を写真に収めた。
アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館が来訪者のためを思って設置したスプリンクラーが、思わぬ批判を受けた。
1月27日、いまのポーランドにあるアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所が解放されてから、70年を迎えた。ナチス・ドイツにより、110万人のユダヤ人が虐殺された彼の地を、BBCがドローンで捉えた。
1月27日、ソビエト軍がいまのポーランドにある、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所をドイツ軍から解放してから、70年を迎えた。人類の負の遺産として、未だその姿を留める収容所。入り口には「働けば自由になれる」とある。今の姿をモノクロ写真で追った。
第二次大戦の集結から69年。ヨーロッパ戦線で、悲劇として伝えられるのが、ナチスドイツによるユダヤ人の迫害だ。その記憶を伝えるため、ポーランド外務省が、Flickrの公式アカウントで、アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所の姿をモノクロ写真で伝えている。