banguradeshu

日々身に着ける衣服をどう選んでいますか?モデルのトラウデンさんや専門家と一緒に、ファッションからSDGsを考えます。
「お笑い芸人がソーシャルビジネスをできるという発見は初めて。すばらしい経験でした」と感激。
私が払ったお金は海を越えて、バングラデシュの職人の手に渡る。そのお金が現地で使われ、経済が回り出す。
バングラデシュで起きた凄惨な事件 ハシナ首相は「だれ一人として、法の裁きを免れることはない」と関与した人への処罰を誓った。
「最初の出産から26日後に破水し、病院に駆け込んできました」。稀なケースに医師も驚いています
クラウドファンディングに挑戦するのは、横浜市内の中学に通う15歳の女の子だ。
雨季で2100世帯、 9000人以上が土砂崩れの被害に
今まで毎日顔を合わせていた生徒が突然亡くなったなんて、信じられませんでした。
緊急支援として毛布900枚、子ども服(パーカー)900着を約450世帯に配付しました。
異国の地では文化や慣習が違うこともあり、はじめは少し戸惑います。
写真では伝えきれない、本当に美しい光景です......。
日本の比じゃない「人手」の多さが最高のアドバンテージ
6.ベンブナ(織る) 7.裁断 午前0時を回る頃、行程5で巻き上げていき、「縦」に広がり糸の壁のようになったものを......ここがびっくり!「横」にしてそれが編み機に変形しました! おばちゃんたちは、行程ごとに選手交代したり、特に行程6が
何かの拍子で考えがブレてしまった際にも基軸に立ち戻れます。
雑誌やネット記事で「山がない国」とバングラデシュが紹介されているのを見る度「ちょっと待てー!」と物申したい気持ちに駆られます。