beshikkuinkamu

ファッション通販大手「ZOZO」の社長を退任した前澤友作さんが2020年の幕開けと同時に、自身のツイートをリツイートした人の中から1000人に100万円をプレゼントする総額10億円の「#前澤お年玉企画」を発表した。 1月2日午後4時半現在で
「ベーシックインカムあっても、働き続ける?」哲学的な問いも...
PRESENTED BY エン・ジャパン
国民全員に生活に最低限必要なお金を渡すことにより、既存の社会保障システムを根本から置きかえよう、というアイデアです。
「自分が強く追求したい課題を一生懸命に突き詰め、それを読者とともにシェアしていくことが大切だと思います」(ルトガー・ブレグマン)
高スペックを積んでいくためにはお金がかかる、そのためにアルバイトをたくさんすると、時間が多く奪われます。
実は、このベーシックインカムを掘り下げていくと日本こそ最も劇的な効果が見込めることが分かってきます。
Faebookのマーク・ザッカーバーグ氏が、ベーシックインカムに関する持論を投稿。アラスカ州の事例を紹介しながら、「教訓になるかもしれない」などと述べている。
「あなたの労働が必要とされなければ、あなたの存在意義は何か?」
これから先、男女の関係性はどのように変わっていくか。特に男性は、熟読することで、これまでの女性との関係の築き方を見つめ直す契機になるかもしれません。
天然資源に乏しく、消費税アップも難しい日本の場合、AIを活用できないものか。
これまで人間以外には困難と考えられてきた既存の多くの仕事がAIやロボットに奪われるかもしれない。
ベーシック・インカムの大きな特徴は?
アメリカは収入の格差問題、ロボットの台頭により仕事がなくなるという問題に直面しつつある。
オランダ第4の都市ユトレヒトが、すべての人に必要最低限の所得を給付するという社会政策「ベーシック・インカム」を実験的に実施すると発表した。近年注目を集めるこの政策が効果的なものかどうか、世界中の関心が集まっている。
先日、某一部上場企業の財務系職種の方々とお仕事をした。なんというか、べらぼうに優秀な人たちだった。
生活保護を受けている人は、2月時点で215万5218人となり、10ヶ月連続で過去最多を更新したことが厚生労働省の被保護者調査で分かった…