bokin

黒柳さんの小学生時代は戦時下だったといいます。黄色と青のウクライナカラーの服装で、「一人でも多くの子どもたちを救えますように」と協力を呼びかけています。
「重要な水・衛生設備、電気・暖房設備、学校インフラ等が被害を受け、子どもたちの安全な住居、水、学校へのアクセスは脅かされています」と訴えています。
障がい者水泳で数々のメダルに輝いてきた木村敬一さん、みずほ銀行の新規事業担当者が語る“応援の気持ちを形にする”こと。東日本大震災以降、大きな転換点を迎える日本の“寄付”。今、みずほ銀行が「ぽちっと募金」をスタートした理由とは。
PRESENTED BY みずほ銀行
コロナの影響で失業したり収入減となった世帯の子どもたちを応援するのが目的。滋賀県社会福祉協議会「県民の方々の支援で子どもたちの笑顔を増やしたい」
「大好きな日本の皆さんに分かってほしい」。Twitterを通じて、問いかけました。
「ツイッターの人たち、彼女を見つけてくれ」
「コンビニで今時、現金を使うのって頭悪い人じゃないですか」
北川さんはどうしたら震災を「自分ごと」に感じてもらえるかをずっと模索してきたという。
臨場感ある映像を通して、現状を伝えようと思いました。(北川義樹さん)