bukan

背景には、中国政府が春節に対し神経をとがらせていることがあるとみられる
陳秋実さんは武漢市内の宿泊場所から自身が感染したり、拘束されたりする可能性について触れていた。涙ぐみながら「死ぬことも怖くない。共産党を恐れてなるものか」と叫んでいた。
「確かにウイルスに関する専門知識があり、全くのデタラメが書かれているわけではない」と専門家。しかし...
喜びの声上がるが...中央政府に批判が向かないためのガス抜きの可能性も
具体的な証拠の中身について尋ねられると「話せない。話すことを許されていない」と回答した
中国のSNSで拡散され話題になり、中国政府も対応に追われている。
「中国語圏の知人・家族から聞いた」として日本のSNSでも拡散しています。
新型コロナウイルス感染症に関して最新の情報を参照するのは良いことである一方で、偏りのある情報が拡散する可能性もあります。