bungaku

苦難の当事者だけではなく、支援者にスポットを当てた小説『彼女たちの部屋』。レティシア・コロンバニさんが作品に込めた想いとは。
「韓国文学のいま」を、小説『82年生まれ、キム・ジヨン』を翻訳した斎藤真理子さんが伝えます。
キム・ドヨン監督は、映画の主人公と同じく、出産や育児でキャリアを断った「経歴断絶女性」だったという。
近年、必ずしも「オタク」という自意識を持たない人たちの間にも浸透しつつある、「推しを推す」という感情。
セクシュアル・マイノリティの小説をなぜ、いかに書くか?
YouTube登録者数は7万5千人以上。ネットの時代に、あえて“読書”の魅力を伝えることに何故こだわるのか?インタビューで聞いた。
日本国籍取得に合わせて「鬼怒鳴門(キーン・ドナルド)」という当て字を披露していた。
「問題を含んだ上でも、本作の志向する文学の核心と、作品の価値が損なわれることはない」
時間軸を超えることで得られる癒し
「負けることを知らなければ、気高さは存在しないでしょう」