bungaku

国際的に有名な作家の村上春樹さんが、小説を書く秘訣を明かした。
ハルキニストが、本当に彼にノーベル文学賞を与えたいと思うのなら、彼の小説を読んで、何をするか?私たちの行動が問われているのである。
私自身は、直木賞受賞作『流』の本質を言い当てる最もふさわしいカテゴリーは「移民文学」だと思っている。
いま、最も勢いを感じさせる書き手は? そんな問いに、きっと多くのエンターテインメント小説好きが名前を挙げるのは、東山彰良だ。
韓国のベストセラー作家、申京淑(シン・ギョンスク)氏が、日本の作家、三島由紀夫の作品を盗作したという疑惑が指摘された。
村上春樹さんが、ドイツの「ウェルト文学賞」を受賞した。村上さんは授賞式でスピーチし、今、世界には「民族、宗教、不寛容といった壁」があると指摘した。
「第151回芥川賞・直木賞」がきょう7月17日夜に受賞作が発表されるのにともない、日本最大級の動画配信サービス「ニコニコ生放送」を運営するドワンゴとニワンゴは、受賞会見を18時から生放送。テキスト配信サービス「ブロマガ」でも、全候補作品の冒頭部分を無料配信している。
『精霊の守り人』や『獣の奏者』などの人気作品で知られる作家、上橋菜穂子さんが、子どもの本に貢献した作家や画家に贈られる「国際アンデルセン賞」の作家賞を受賞。その創作の源泉についてロングインタビューした。
アメリカの作家、エドワード・ゴーリーの代表作『ギャシュリークラムのちびっ子たち』は、子供たちが次々に悲惨な目に遭って死ぬ絵本だ。現在、東京・銀座の画廊で原画などを紹介する展覧会が開かれ、連日大勢のファンが訪れている。その魅力とは何か。翻訳家、柴田元幸さんや研究家、濱中利信さんに聞いた。
日本でも人気が高いフィンランド生まれの「ムーミン」。2015年のオープンを目指し、日本国内にムーミンのテーマパークが建設されることが明らかになった。