bunshotsushinkotsutaizaihi

文通費の問題を巡っては、与野党が最後まで折り合えませんでした。
日本維新の会の吉村洋文副代表は「なんで税金から支給される経費に領収書つける程度の法改正すらできないの?」と疑問を投げかけています。
文書通信交通滞在費の問題を巡り、自民党がようやく対応策について発信しました。
国民民主党の玉木雄一郎代表は文通費の支給について改善に前向きな姿勢を示しました。
日本維新の会の小野泰輔衆院議員が投稿サイト「note」に「国会の常識、世間の非常識」と題した文章を公開しました。
維新の党はこれまで、自らを厳しく律し、税金のムダ遣いは1円たりとも許さないとしてきました。だからこそ、例の上西小百合衆院議員の件でも「除名」という一番重い処分にしたんです。
政治家は誰しも、口先では「良いこと」ばかりを言う。選挙の時は特にそうだ。しかし、それが信じられる、信用できるかどうかは、こうした「我が身を切る改革」に率先して取り組む政党、政治家か否かという点も重要だということを、是非、国民の皆さんにはご理解いただきたいと思う。