burajiruwarudokappu

アルゼンチンを1−0で下してワールドカップ優勝を決めたドイツ。その強さの秘密、「カメレオン」的サッカーをデータで探る。
世界中で国際化が進む中、国家斉唱を巡る議論は、今後も出てくるだろう。歌う選手、歌わない選手、そもそも国歌を知らない選手、知っていても歌わない選手、練習して歌えるようになる選手等々。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月14日、決勝戦を迎え、延長戦の末、ドイツがアルゼンチンを1−0で下し、1990年のイタリア大会以来、24年ぶり4回目の優勝を果たした。ドイツは途中交代で入ったゲッツェが決勝ゴールを決めた。
ブラジルがドイツに大敗した理由をデータで探る。
昨年6月のコンフェデレーションズカップ(ブラジル)以降、ブラジル、メキシコ、ウルグアイ、オランダ、ベルギー、コスタリカなどワールドカップ出場国に立て続けに先制点を献上し、自らを劣勢に追い込んでいる日本代表。本田圭佑(ミラン)が「先制点を与えてしまうと、前回優勝のスペインでさえスイスとの初戦を落としている。先制点を取られたら負けるという危機感を持って戦わないといけない。ワールドカップという短期決戦は先制点を取ったチームが勝つのがセオリー」と話したように、彼らは先に失点する悪い癖を何としても修正する必要があった。
ザンビア戦で3失点。勝利こそすれ、守備への危機感は選手たちにある。本田もその一人。前回を知る男は活かすべき教訓として、南アでなぜ失点が少なかったか語った。
日本サッカー協会は11月7日、ベルギーで行われる親善試合、ベルギー戦(16日)、オランダ戦(19日)に向けた日本代表メンバー23名を発表した。