cherunobuiri

物悲しい弦の響きと透明感のある美しい歌声が、優しく空間を包み込む――
ウクライナの国家原子力規制監視局は6月13日、チェルノブイリ原発の敷地内にある一部施設から煙が上がったと発表した。事態は収束し、付近の放射線量に変化はないという。
西欧諸国の片隅にある小さなヨーロッパのある国は、自国が次のチェルノブイリ原発事故クラスの災害の途上にあると考えている。
福島第一原発2号機の格納容器の内部をカメラで確認する調査が1月30日に実施された結果、圧力容器の真下の作業用の床に、黒い堆積物が見つかった。
今後100年間密封、管理される。
2600平方キロメートルに及ぶ地域は汚染され、見捨てられてきました。
環境ジャーナリストの竹内敬二さんが、チェルノブイリ原発事故後30年を経過した被災地の課題を、福島の将来を重ねながら報告します。
37歳の考古学者の心をつかむ、現代の遺跡チェルノブイリ。
現状は問題をあいまいにしたままで、既成事実の積み上げばかりが行われています。
「福島」と「チェルノブイリ」の5年目を比べてみると、向かっている方向が大きく異なることに気付く。