チェルノブイリ

あなたのまだ知らない、差し迫る核の危機
  • あなたのまだ知らない、差し迫る核の危機

    アリ・ビーザー 核技術の社会的影響をテーマとした、アメリカ・ボルティモア出身の作家、写真家。祖父は、広島と長崎に原爆を投下した爆撃機両機に搭乗していた唯一の人、ジェイコブ・ビーザー。
    オースト・ヴァリンキュート ウィスコンシン大学マディソン校で生命科学コミュニケーションを学ぶフルブライト奨学生、リトアニアにあるヴィリニュス大学のコミュニケーション学科の博士課程在籍。
原子力発電所事故の責任を問うことと、放射線被ばくによる健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない
「BA-TSU」のデザイナー「松本瑠樹」の世界的なポスター・コレクション
ロシア被災地の現状に福島の将来が重なる?/優遇手当の切り下げに反発する住民たち
福島とチェルノブイリ、事故5年目の比較 本当に帰還するべきなのか
福島におけるリスクコミュニケーションの重要性
黒海の漁師たちと原発を語る~トルコ・シノップにて