chiikikasseika

「理念を語るだけでなく、身の丈にあった小さな一歩を踏み出す行動も大切」
「日本人がメイド・イン・ジャパンの品物に触れる機会がどんどん減っているのです。それがメイド・イン・ジャパンをさらに衰退させてしまうことになります」
酒づくりを通じた「居場所づくり」に取り組む、東京農業大学・川嶋准教授の思い。
先日、釧路市で開催された連合北海道主催の「地域活性化フォーラムin道東」に参加しました。
人口減少時代を、どう乗り切るのか。
PRESENTED BY エン・ジャパン
あなたの地元に活気はありますか? 過疎地になっていませんか?
なぜ観光客向けと生活保護受給者向けの両方の宿泊所を運営しているのか。その理由を義平さんに伺った。
農家さんの生活にゆとりを。地域の成功体験をつくりたい
もっと福井県のまちづくりを考えていこう、という(会社の)ミッションのもとスタートしました。
「ビジネスとして成立していないと地域活性は続けられない」
京都のインバウンドの中心地は、むしろ洛外にある。
今、売上アップ支援という「攻めの経営支援」が求められています。それは...
自治会・町内会に関して頭を悩ますのが「市の広報をどう配布するのか」問題。
昭和初期に途絶えてしまった「高砂染」を復刻しようとの取り組みがあります。
公民連携によるまちづくり「オガールプロジェクト」を10年がかりで進めてきた岩手県紫波町。2017年4月に最後のエリアの整備が終了、その中核となる公民連携施設「オガールセンター」のグランドオープンを迎えた。年間100万人が集まる町の秘密とは?
熱海市で、齊藤栄・熱海市長がかの国の大統領を彷彿とさせるキーワードを熱弁し注目を集めているのです。
今の武蔵小杉チームにとって、おそうじはツール。 メインはコミュニケーションを取ることです。
観光にしても、移住にしても、その地域に住んでいる人がその地域に魅力を感じていなかったら人は集まってこないですよね。