ももクロ、2023年のライブ『春の一大事』開催へ。地方自治体からのオファー募る「地域全体をえがおにしたい」

ももいろクローバーZは4月23、24日に福島県でライブイベント『ももクロ春の一大事2022』を開催。2023年の『春の一大事』の開催も決定しました
ももいろクローバーZ(2019年撮影)
ももいろクローバーZ(2019年撮影)
時事通信社Ž–

ももいろクローバーZは、2023年4月22日、23日にライブイベント『ももクロ春の一大事2023』を開催することを公式サイトで発表した

これに合わせ、ライブ開催に向けて地方自治体からのオファーを募ることも明らかにした。公式サイトでは、「次回の『ももいろクローバーZ 春の一大事』のイベントにご協力・ご誘致をしてくださる地方の自治体のお誘いをおまちしております」とし、「ももクロが地域全体をえがおにしたいと思っております」とも呼びかけた。

■『ももクロ春の一大事』って?

『ももクロ春の一大事』は、2017年に埼玉県富士見市で初めて開催され、2018年は滋賀県東近江市、2019年は富山県黒部市で開催された。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2度延期され、2022年は福島県の楢葉町・広野町・浪江町の三町合同で3年ぶりに開催された。

メンバーの高城れにさんは福島県で開催された『春の一大事』の後、自身のInstagramを更新。「今年もモノノフさんのたくさんの笑顔とパワーいただきました!来年はやくまたこのバトンを繋げたいなぁ」とファンへの感謝と次回に向けた思いをつづっていた。

過去の『春の一大事』では、開催地のご当地キャラクターとのコラボのほか、広報誌や地元メディアに露出して現地の魅力をPRする活動などに取り組んでいる。

■応募方法は?

公式サイトによると、2023年のライブイベント応募の受付期間や詳細については近日公開予定だという。ももクロの出演料はなく、ライブの制作や運営はももクロ側で担う。自治体からの応募を想定しており、「ご協力いただける自治体などからのお誘いを、心よりお待ちしております!」と呼びかけている。