chojikanrodo

調査では、働き方が恋愛や婚活にも大きな影響を及ぼしていることが浮き彫りになった。
日本中のさまざまな業界で、そこまでのニーズがあるのかどうかわからない、奇妙なサービス競争が行われています。
「残業削減」っていうとダメなことが多いんです。「会社の魅力化」と言い換えればいい。
人口減少時代に労働生産性の向上が要求される一方、どのようにすれば「あそび」や「ゆとり」を持って効率的に働くことができるだろうか。
「過剰な残業を無くすことは重要な一方で、やる気失う人たちも出てくるんだよ」(青野慶久)
「長時間労働」や「過労死」「パワハラ」など深刻な問題が連日報道されている。その原因の1つとしてあるのは、働く側も使用者側も、ワークルールの知識が乏しいことだ。
男社会の悪しき常識を背負ったこの70年間、長時間労働の問題は、多少の波はあったにせよ、本質が大きく動くことはなかったのだ。
「2017年が日本の働き方の転換点だった」と言われるようになるのか?それとも変わらないのか? 皆さんが作るムーブメントが推進する大きな力です。
「100時間という時間は非常に長い。20日間働いたとして毎日8時間プラス5時間。帰宅は11時12時です」
実際のところ長時間労働となっているのはどのような層が中心となっているのだろうか。
長時間労働の是正するためには、労働者の所得をどのように保障するかを同時に考える必要がある…
長時間労働が大きな社会問題になっている中、政府も長時間労働是正の取り組みを進めていますが、いまだ充分な改善には至っていません。
PRESENTED BY エン・ジャパン
富士通が全社員3万5000人を対象に、在宅勤務を認める制度を導入する。上司の許可があれば何回も利用できる。