発達障害と生きる

多様な子どもたちが、地域の学校に「ふつう」に通えるように。
「学校のあたりまえを変えるとき」子どもたちは、学校の “ふつう”に縛られて苦しんでいる
本来、watchOS 6のノイズアプリは、周囲の騒音で聴覚を損なう恐れがある時、感知して知らせてくれるものだという。
“障害”はトレーニングで治るものではありません。「治す」のではなく、子どもの生活を「ラクにする」ことを考えてみてください。
ニューヨークの国連本部で行った演説が大きな反響を呼んでいるグレタ・トゥーンベリさん。アスペルガー症候群であることを公表している彼女は、「アスペルガーであることは才能です」と話す。
客室乗務員は私を睨みつけて「なんて失礼な態度なんでしょう」と言った
福祉や教育の分野で事業を展開するキズキグループ代表の安田祐輔さん。自らの事業の信念を、「他人と比較することで苦しみを感じる人を減らすこと」「人間の自尊心を守ること」だと話す。
発達障害を社会に発信する若者の団体、BeU。発達障害の当事者でもあるメンバーが語る「発達障害の人がより生きやすい社会とは」
メッセージは「世界自閉症啓発月間」に合わせて発信された
地球温暖化対策を訴えて起こした「スクールストライキ」が、世界なムーブメントを起こしているグレタ・トゥーンベリさん。アスペルガー症候群であることを公表している彼女は、「アスペルガーであることは才能です」と話す。