dorei

「この彫刻は私たちが誇れるもので、帰属感を与えてくれます。私たちはここに属しています。どこにもいきません」
「日本にも、外国人技能実習生の問題などさまざまな人身取引が存在する」
「子供たちは性暴力や孤児になる危険にさらされています」
日本の奴隷制(奴婢制)は律令制と共に10世紀初頭に崩壊したが、人身売買は江戸時代まで行われていた。
「現代の奴隷」は生まれながらにして奴隷状態にある人や強制労働者、また性的労働の為に人身売買された人などを指し、彼らは暴力などによって自由を阻害されている。
紙幣の表を、アフリカ系アメリカ人が飾るのはこれが初めて。
少女たちは、『1バレルいくら』で売られるガソリンのように、売買されている。
インドで教師をしているケイシー・オールレッド氏は、インドの少女たちが人身売買され性風俗関連のビジネスに売られている事実にショックを受け、ドキュメンタリー映画を制作してインド政府に行動を起こすように求めることにした。
信じ難いことだが、金儲けのために人間を奴隷にしたり、少女を性的に搾取したり、子供たちに過酷な労働を強制したりする人たちは現代にもたくさんいる。
今年の第86回アカデミー賞作品賞受賞作。英文原題からもわかるように、南北戦争前に北部で自由の身となった黒人がなんと拉致されて南部で12年間の奴隷となってしまう話。しかも、ベストセラーとなった実話である。
10月17日、現代の奴隷問題を解決する活動を行う「ウォークフリー・ファウンデーション」(WFF。本部・オーストラリア)が発表した報告書「世界奴隷指標」で明らかになったよると、世界で2900万人以上が奴隷として生活しているという。