eiseishashin

衛星写真を提供したマクサー・テクノロジー社の広報担当者は、「ブチャを撮影した高解像度の衛星写真は、路上に横たわって何週間も野外に放置されている遺体を示すSNSの写真や動画を検証し裏付けている」と話しています。
アメリカ航空宇宙局(NASA)が本気を出してしまった……。
アーティストのベンジャミン・グラントは、オーバービュー・エフェクトの説明に触発されて、宇宙飛行士ではない私たちにもこの視点を体験してもらおうとしている。
ロシア国営テレビは11月14日、7月にウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空機MH-17便の、墜落直前とされる衛星写真を入手したと伝えた。しかし、この画像について、複数のネットユーザーが捏造の可能性を指摘。ウクライナ軍の関与を示唆するための、ロシアの情報戦では、との見方が広がっている。
2014年2月、NASAが1枚の衛星写真を公開した。夜の朝鮮半島を上空から撮影したものだ。煌々と明かりが灯る韓国、中国に挟まれた北朝鮮領内は、真っ暗。首都の平壌だけが、わずかに光っている。
冒頭の衛星写真は、2013年12月7日に撮影されたものだ。北京から上海まで、1200キロメートル以上にわたってスモッグが広がっている様子がわかる。撮影したNASAの説明によると、白いのは雲や霧であり、スモッグは灰色の渦状として写っているという。
DigitalGlobeが2013年の衛星画像トップ20のコレクションを発表した。