eu-ridatsu

イギリス総選挙が6月8日、投票が締め切られ、開票作業が進んでいる。BBCによると、与党・保守党は第1党の座を維持するものの、確実にしたものの、過半数割れも確定した。メイ首相の責任論が浮上しそうだ。
4月29日に就任100日を迎えるトランプ政権について書くつもりでいたのだが、Brexitにかかわる思わぬニュースが飛び込んできた。
メイ首相は危険を冒しているのか?
「我々には総選挙が必要だ。そして、総選挙が今必要だ」
EUとの交渉を完了させる期間はわずか2年しか残されていない。
「ブレグジットどころじゃない、レッグ(脚)ジットを制したのは誰だ!」と見出しを付けた。
EUからの離脱に向けた2年間に及ぶ交渉のスタートを合図する号砲が鳴る。
「スコットランドの人々に選択肢を与える、というだけの話です」
2019年の3月末までに、イギリスはEU加盟国で史上初めてヨーロッパとの政治的・経済的協力から離脱する国となる。
2019年春以降の住民投票を認める?