fuhyohigai

「阿蘇の温泉も美味しいご飯もいつも通り食べられます。ご安心ください」と呼びかけたツイートが、話題になっている。
加害者の男2人がアイドルハンター軍団「Z会」と呼ばれていたと、週刊文春ライブなどが報道していた。
海の汚染のため操業自粛を強いられた仲間を引っ張り、再生の希望を懸けた「試験操業」を進めてきた。
地元の人々が恐れるのは、「風評払拭が振り出しに戻った」と報じられた5年前の夏の悪夢だ。
山口さんの強制わいせつ事件の発覚後、TOKIOを起用したポスターを撤去していた。
胸を張って、自信を持って言いましょう。「福島の子です。関東の方々の電気のために私たちが犠牲になってあげたのです」と。
いまだにメディア報道によって広く流布されたまま、回収されていない豊洲新市場の「デマ」は枚挙に暇がありません。
マレーシアの写真家が撮影した福島の写真に、日本に住む外国人が激怒している。なぜロン氏はこのような写真を撮影したのか?話を聞いた。
自分自身の知識の限界と、誤った情報が人々の生活に与える影響について同時に知ったことが、私にとって福島との出会いで最も衝撃的だったことのひとつだ。
I never saw the actual results of misinformation until I moved to Fukushima. Now, I see them everywhere.
海外で開かれる日本酒イベントとしては過去最大規模のイベントですが…。
「願わくは、われ太平洋の橋とならん」海外の風評被害にどう対応するのか。福島と世界の“かけ橋”になることを目指すカナダ人に話を聞いた。
東日本大震災が起きてから4年となる3月11日を、福島県相馬市の漁業者たちは収まらぬ憤りとともに迎えた。本来ならこの週、コウナゴ(小女子)の漁が相馬沖で始まる予定だったが、突然の事態で先送りになったのだ。
大塚愛さんが福島第一原発の事故で飛散した放射性物質に対する不安が残っているとする思いをTwitterに投稿し、波紋を呼んでいる。
2011年の東電福島第一原発事故に伴う、福島県のコメの全量検査において、2014年産のコメは基準値を超えたものがゼロだったという。2012年は71点、2013年が28点だった。ゼロになったのは初めて。
糸井重里さんが、福島で桃への中傷に怒っている。
7月半ば、福島第1原発から新たな問題が降ってわいた。原発事故現場のがれき処理から生じた粉じんが、福島県南相馬市などに飛来したというのだ。