furansu

ノートルダム寺院は、パリの人々のみならず、カトリック信者のみならず、フランス人にとって、フランス国家を象徴する非常に重要な存在であると感じさせられる。
フランスで100万部を超える大ヒットとなっているフェミニズム小説が、日本に届いた。
宮内庁が17日、明らかにした。全文は次の通り。
「大聖堂の荘厳な鐘の音が平穏なパリの街に響きわたる日常が一刻も早く訪れますように、心から願っております」
当時は大規模な改修工事が行われており、その足場付近から出火した可能性があるという。
「ノートルダム」とは「我らの貴婦人」。つまり、キリスト教の聖母マリアを意味している。
同作品は、昨年のカンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞していた。