furorensu

男性シッターによる被害女児の母親は記者会見で、フローレンスの駒崎弘樹さんらとともに「DBS(Disclosure and Barring Service)」の日本版の導入の必要性を訴えた。
政府による新型コロナウイルス対策「一斉休校」の要請。エビデンスがないうえ、専門家の知見も全く無視した意思決定に戦慄を覚える。
「フローレンス」代表理事の駒崎弘樹さんに、家庭で対応せざるを得ない場合にどのような策が考えられるのかを聞いた。
一次申込みの結果発表から二次申込みの締め切りの日程が近い!というケースが珍しくないようです。
「支援が届かない又は届きにくい子供・家庭への配慮」が入ったことは、大きな一歩だった。けれども……
日本の社会的養護(虐待等で家庭で過ごせない子どもたちの養護)においては、歴史的な日となりました。
本当に大事なことというのは、イデオロギーに関係なく、志を同じくする人たちが確信を持って変えていくのです。
まちづクリエイティブが千葉・松戸駅前エリアで取り組んでいる「MAD Cityプロジェクト」において、病児保育サービスを展開する認定NPO法人フローレンスと提携することを発表しました。