ganchiryo

がん治療において、代替療法は危険なのでしょうか? 何が問題なのでしょうか?
「ここからが私の人生。やりたいことは我慢しないぞ」
優しい人にたくさん出会いました。 一生ぶん、出会いました。
脳腫瘍の増殖は、正常な脳の微小環境に影響を受ける。
「オプジーボ」の登場で、免疫療法はがん医療の4本目の柱として確立されつつあります。
「マギーズの扉を開けた瞬間、泣く人もいます。それは温かみのある空間の持つ力です」
わが国の医療は縦割り意識が強く、複数の診療科による連携は苦手のようです。
2人にひとりががんになる時代。デザイナーの広林さんにとって、がんと生きるとはどういうことか。
がん治療に対する抵抗性は、遺伝学的変化の獲得、あるいはすでに存在している遺伝学的変化によって生じる。
治療を続ける患者を支えようという思いから、自分のつらさを言い出すことができず、心や体のバランスを崩してしまう家族も少なくない。
病院によっては「チーム医療」を結成し、患者さんをどう治療するか戦略を練っていくところもあります。しかし、患者は一人です。
みなさま『がんプロ』、がんプロフェッショナル養成プラン、をご存知ですか?
腫瘍内科医とは、よく誤解されますが「抗がん剤専門医」ではありません。
ラットを使った実験では、治療に使用した個体の20%が100日(人間に換算すると10年)の間生存したとのこと。
十代でがんを経験した医師が目指す、これからの社会。
PRESENTED BY 中外製薬
子どももいて、地元には親もいる。仕事やお金......心配は尽きません。でも、がんと闘う人たちをサポートしたい...
主治医の目の前にいる患者のぼくは、元気だった。テレビの中では、ステージ4の人は、ベッドで死ぬ間際みたいな印象だったのに。
政府が進めている緩和ケア事業と、現場で実際に求められている緩和ケアには解離を感じることがある。