ganchiryo

がん治療において、代替療法は危険なのでしょうか? 何が問題なのでしょうか?
「ここからが私の人生。やりたいことは我慢しないぞ」
優しい人にたくさん出会いました。 一生ぶん、出会いました。
脳腫瘍の増殖は、正常な脳の微小環境に影響を受ける。
「オプジーボ」の登場で、免疫療法はがん医療の4本目の柱として確立されつつあります。
「マギーズの扉を開けた瞬間、泣く人もいます。それは温かみのある空間の持つ力です」
わが国の医療は縦割り意識が強く、複数の診療科による連携は苦手のようです。
2人にひとりががんになる時代。デザイナーの広林さんにとって、がんと生きるとはどういうことか。
がん治療に対する抵抗性は、遺伝学的変化の獲得、あるいはすでに存在している遺伝学的変化によって生じる。
治療を続ける患者を支えようという思いから、自分のつらさを言い出すことができず、心や体のバランスを崩してしまう家族も少なくない。