gankanja

がんと向き合う会社だからこそ、取り組む意義がある
PRESENTED BY アフラック
チーム患者やパートナーと一緒に、がんに負けない生きかたを貫いてほしいです。
「なぜ、日本にはそういう仕組みがないの?」
「男性のがんで一番多いのが前立腺がん。その数は女性の乳がん患者よりも多いのにあまり知られていない」
がん治療で一番大切なことは、何より身体のQOLを保つことだと思います。その上で、強い味方になったのが、緩和ケアでした。
どんなに当たり前のことにも「ありがとう」を伝え合うことを続けていったら、次第に怒り合うことが減って...
大切な人が「がん患者」になったその日から、支える側の家族もまた「第二の患者」になる。
マイノリティとは、人種や国籍、女性や障害者やLGBTなどだけに限ったものではないと思います。
「まだ26歳なのに、もうおばあちゃんみたいに生きなきゃいけないの?」。女性としての人生を楽しめる時期なのに、なぜ私だけ......。
ステージ4の乳がんになったとき、一番に悩んだのが「周りの人にどう伝えるか」でした。