gazachiku

「仕事がない、家がない」パレスチナで苦しむ、失うものがない人々。
世界は何度も地図を描き変えてきた。その歴史の変化の中で、いつも大量に発生しているのが「難民」である。
「アパルトヘイトは、イスラエルでもう何年も前に起きてますよ」
パレスチナ・ガザ地区で51日間に及んだ紛争の勃発から1年が経過した。ヨルダン川西岸地区とガザ地区ではいまも人道危機が深刻化している。
破壊しつくされたガザ地区のドローン映像ぜひご覧ください。
ガザの子供たちが2011年に日本で発生した地震と津波の犠牲者を強い連帯感を込めて追悼する集会に集まり、遠い国で犠牲となった人たちの苦しみを悼んだ。
女子教育の権利を訴えてノーベル平和賞に選ばれたマララ・ユスフザイさん(17)が29日、「世界子供賞」を受賞した。マララさんはパレスチナ自治区ガザの学校再建を支援するため、賞金5万ドル(約540万円)を寄付すると表明した。
以下の驚くべき連続写真は、合意の直前である8月24日に、ガザ地区で撮影されたものだ。イスラエルの戦闘機が、同地区内の標的を爆撃した瞬間を捉えている。
イスラエル軍は、パレスチナ自治区ガザに対する空爆を再開した。パレスチナ側からロケット弾が発射されたことへの報復としている。 ガザでの一時停戦は2100GMT(日本時間20日午前6時)まで延長されるはずだったが、この合意に反して戦闘が再開された。イスラエル側によると、一時停戦が期限となる約8時間前に3発のロケット弾がガザから発射された。
パレスチナ・ガザ地区で8月10日、イスラエルとガザ地区を支配するイスラム原理主義組織ハマスがエジプトの仲介により11日午前0時(日本時間同6時)から72時間の停戦に合意した。