gurafiti

「イギリスで最も急坂な住宅地」に出現。マスクを付けない人々への警鐘か?
「彼が今も生きていたら、アートの世界から姿を消しているかも。今の商業主義的なアートの世界は彼にとって苦痛でしょうから」
「池の水ぜんぶ抜く大作戦」に続く新企画
「日本版バンクシー」とも呼ばれる男は、なぜ渋谷の路上で反原発のストリートアートを続けるのか。インタビューで直撃した。
映画やバンクシーの作品を見て、笑ったり憤ったりする私たちのその様子が、結果としてそこに潜む問題を改めて浮き彫りにする装置となる。
世界的に有名なイギリスの覆面ストリートアーティストのバンクシーが、パレスチナ人自治区のガザで、新しい作品シリーズを公開。ガザの苦しみを記録するドキュメンタリー風の作品を、4つの新しいグラフィティアートとして残した。
Googleはバーチャル博物館『Google Cultural Institute』に、世界各地の通りに描かれたグラフティ(ストリートアート)の情報を追加した。ニューヨーク、ロンドン、パリ、上海など街中に描かれたアートの数々を、オンライン上で堪能できる。
2014年3月15日で勃発から3年を迎えたシリア内戦に反対するキャンペーンが、ネットや世界で広がっている。クリスティアーノ・ロナウドやメリンダ・ゲイツも参加しているこの運動のモチーフに使われているのは、アーティスト・バンスキーの「赤い風船に手を伸ばす女の子」だ。
ヒップホップ界のトップアーティスト、エミネムのプロモーションが斬新だと話題を集めている。スウェーデンの首都・ストックホルムの街中、横断歩道上や壁などにいたるところに、彼の名前とニューアルバムのタイトルが次々と描かれる――その様子を撮影した動画がネットで公開され、大きな反響を呼んでいるのだ。