gureihea

グレイヘアにする前、私は「ファッション迷子」だった。世の中が提示してくる「年相応のファッション」は好みの方向と離れていった。しかし、グレイヘアの女性の姿を見て、「私がなりたい姿」が見えてきた。
ニューヨークに生きる、50代になったキャリーたち。チャームポイントの赤色からグレイヘアになったミランダについて、ある理由が明かされました
「白髪染めをしない」と決断をした後、年上のグレイヘアの女性からも批判を受けた。同じ「価値観」を持つはずなのに、なぜだろうか。
「染めていたころに比べて、ほんの少しだけ自分が強くなったと感じています」