hakoneekiden

史上初となる2度目の学生駅伝3冠まで、あと一歩となりました。
2019年1月の95回記念大会は、参加枠が+2されている
不協和音が生じても……。
「第87回大会(2位)は富永光、89回(2位)も斎藤貴志と、優勝経験者の主将が走らなかったこともある」
自身のTwitterで「インフルエンザを発症してしまったため箱根駅伝を欠場します」とつづりました。
東京国際大も2年ぶり2度目の出場を決めた。
後ろから追い上げてきた選手が、前の選手を抜かす時に背中を「ぽんっ」と叩いた...。今年の箱根駅伝でも、様々なドラマが生まれました。
33年間、本選出場すらかなわなかった弱小チームを強豪チームへと育て上げた原晋監督。強い組織を作るためのノウハウの多くは、ビジネスの現場で培われたものだった。
PRESENTED BY エン・ジャパン
第93回「箱根駅伝」の復路が開催された1月3日、選手が交差点を通行中の自動車に轢かれそうになるアクシデントがあった。