アートとカルチャー
2020年09月29日 11時50分 JST | 更新 2020年10月01日 10時20分 JST

『半沢直樹』6658.8万人が視聴していた。最も多くの人が見たのは「あの場面」だ

全10話のうち、最も見た人が多かったのは10話でした。その人数は?

ビデオリサーチは9月28日、27日に最終回を迎えたTBS系ドラマ『日曜劇場・半沢直樹』に関する推計を発表した

発表によると7月19日(日)〜 9月27日(日)にわたる全10話のうち、いずれかをリアルタイムで見た人は日本全国で推計6658.8万人だった。

なお、総務省統計局によると、日本の総人口は9月1日時点で1億2581万人(概算値)だ。

ビデオリサーチ
《「日曜劇場・半沢直樹」を放送していた28局で日曜日21:00~放送された全10話それぞれの放送回まで(2話であれば、1話と2話の累積)の個人全体4才以上における全国32地区累積到達率(1分以上)から推計》

 

最も視聴人数が多かった場面は?

全10話のうち、最も見た人が多かったのは10話の3323.3万人。そのほかの放送回も全て2500万人程度の人がリアルタイムで視聴していた。

ビデオリサーチ
「日曜劇場・半沢直樹」各放送回の到達人数・平均視聴人数

全10話を通じて最も視聴人数が多かった場面は、9月27日最終回の21時58分、中野渡頭取(北大路欣也)と半沢直樹(堺雅人)が二人で話すシーンで、約2743.3万人が見ていた。

 

時事通信社
『半沢直樹』に出演した北大路欣也さん、堺雅人さん、香川照之さん(左から)