harasumento

インティマシー・コーディネーターは、ヌードシーンやキスシーンを撮影する際に、俳優をサポートする専門家で、Netflixの作品などでも起用。撮影の強要などが問題になる中、その仕事に注目が集まっている。
表現に関わる仕事場でのハラスメント被害を調べたアンケート結果が公開に。言動のハラスメントのほか、わいせつ行為や性行為の強要など、深刻な被害状況が浮き彫りとなった。
俳優の和田華子さんは、LGBTQを描いたドラマや映画作品が増えてきたここ数年で、勉強会の必要性を感じるようになったという。
不機嫌になることが悪いわけではない。相手を萎縮させずにきちんと会話をして、歩み寄りたい。夫は最初は戸惑いながらも、心を開いてくれました。「弱さを見せた方が自分も生きやすくなるかもしれない」と思ったのだといいます。
彼が不機嫌なのは私のせい…?と、自分を責めないで。声をあげて、話し合ってみませんか。 #いい夫婦の日
全国に約400万人いる地方公務員と教職員。こうした人たちがハラスメント被害に遭っても十分守られないかもしれません。背景には、ある誤解があります。
レヴィン保健省長官は、新型コロナウイルスだけでなくトランスフォビアとも闘っている
最終回の放送で、言葉の暴力が「一番人の心を傷つけてしまう」と語った平手友梨奈さん。また「SNSに逃げないで」とリスナーに語りかけた。
テレビ朝日は派遣契約スタッフとの契約を更新しないことを認めた上で、「『派遣打ち切り』などの指摘はあたらないと考えております」と説明している。