henoko

投開票は2月4日
大浦湾のアオサンゴは遺伝的に同一なクローンなので、病気などで壊滅するリスクが高く特に保護が必要という。
保守の復活というべき状況は、辺野古移設に反対する翁長知事や「オール沖縄」の陣営内部に生じている軋轢と表裏の関係にある。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事に反対する人たちを名護市辺野古へ送迎した貸し切りバスの運転手が、運転中に撮影した画像をTwitterに投稿した。
米軍基地問題で揺れる島・オキナワ。この小さな島に、今、新しい基地が造られようとしている。
沖縄の多様な側面に出会い直す機会に、私たちはその声をどのように聞き、人に伝えることができるのだろうか。
沖縄県の名護市辺野古で2月6日午前8時40分ごろ、アメリカ軍普天間基地の移設に向けた海上埋め立て工事がスタートした。