hinan

数時間にわたって猛烈な雨が続いており、大雨に伴う災害が既に発生している可能性が高くなっています。
2020年はコロナウイルスなどの感染症対策を取り入れた「新しい生活様式」の実践が求められ、災害時の避難行動もこれを考慮しなければなりません。
内閣府・消防庁では「新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、 災害時には、危険な場所にいる人は避難することが原則」として、5つのポイントをまとめている。
気象庁は、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを示す記録的短時間大雨情報を発表しました。
早めの台風対策を...。おすすめ防災グッズを厳選して紹介します。
ハフコレ編集部
江戸川区が11年ぶりに改訂した水害ハザードマップの表紙中央に浮き上がる「ここにいてはダメです」のコピーが、話題を集めた。
1段上のレベル5は、既に災害が発生している段階。レベル4の段階で避難を行うことが重要です。
河川氾濫や土砂災害を想定した大雨避難時の注意点についてまとめました。