hiroin

『ミラベルと魔法だらけの家』は記念すべき60作品目となるディズニーの長編アニメーション。そのヒロインの物語は、圧倒的に“仲間はずれ”な立場から始まる。でもだからこそ、惹きつけられるものがある【考察】
キーワードは「疑い」と「トラウマ」。もう、ディズニーのかつてのヒロインたちが貫いた心得を単純に描けば人々の心に響くというわけじゃない。
若くしてホテル経営を始めた実業家、龍崎翔子さんが『ラーヤと龍の王国』を「意欲作」「新時代のディズニー」と語る理由とは。『アナと雪の女王2』以来のディズニー新ヒロイン像と、ディズニーアニメーション最新作のポイントを解説していく。
PRESENTED BY ディズニー
主人公の声を演じるケリー・マリー・トランさんは過去にあの人気作にも出演。人種差別や誹謗中傷に悩んだ日々もあったという。
【加藤藍子のコレを推したい、第5回】私たちはもはや、自分自身をたやすく放り出す「ヒーロー」には心を動かされないのだ。
お笑い芸人の渡辺直美が、7月スタートのTBS系連続ドラマ『カンナさーん!』(毎週火曜 後10:00)でゴールデン・プライム帯連ドラに初主演する。
ファッションやメイク、重めボブヘアもそうだが、「昭和風」が再注目されているなか、芸能界でもその動きを象徴するように“昭和顔”の女優たちが台頭している。