hiroshima-genbakutoka

数日前にウォールストリートジャーナルがこんなコラムを載せていた。時節柄ということだろう。原爆投下70周年という節目でもある。
アメリカのネット上では広島・長崎への原爆投下の是非を問う議論が活発化しています。この話題は賛否両論分かれるようで、メディアの主張は大きく3タイプに分かれる。
広島に原爆投下されてから、8月6日で70年を迎える。被爆者も高齢になり、当時の体験を語り継ぐことが困難になる中で、広島県に住む30代の女性がユニークな試みが注目を集めている。
今年6月14日、私は広島駅に新幹線からおりた。広島に来たのは被爆者の方々のお話を聞きにきた。
広島への原爆投下から68年となる6日、平和記念公園で開かれた式典で松井一實(かずみ)広島市長が今年の「平和宣言」を読み上げた。その中で「原爆は非人道兵器の極みであり『絶対悪』」と訴えた…
太平洋戦争末期、アメリカが計画していた日本への原爆投下について、イギリスが同意していたことが機密指定解除されたアメリカの公文書で明らかになった…